淡い期待の覚書 「うすぼんやりとしあわせだ」

泥酔日記

お久しぶりです。
酔ってます。
酔ってブログを書くとロクなことがないけど、書きます。

僕は今、℃-uteというアイドルグループとミュージカルをやっています。
℃-uteというアイドルグループを知ってますか?
普段の彼女たちは(めちゃくちゃかわいいけど)一見、どこにでもいる普通の女の子です。
でも、潜在能力を秘めたすごくお勧めの5人です。

例えば、岡井千聖という子がいます。
僕は彼女のセンスを信用しています。
アイドルでは、という枠を越えて信用しています。
だからアドリブシーンを振るのも、彼女が多い。
でもお調子者の彼女ですから、油断はできません。
一応毎回、本番前に、今日は何を言うか報告してもらっています。
でもダメを出したことがほとんどありません。

あと、萩原舞という子がいます。
1番年下で妹キャラが多いのですが、僕は逆をやった方が彼女の魅力が出る気がします。
なぜならメンバーでは一番、安定した、分厚い、舞台向けの良い声をしているから。
きりっとした役の方が彼女の魅力を引き出せるんじゃないかと秘かに思います。
だから今回はリーダーの役を振りました。
もちろんデレっとした部分が魅力でもあるんですが、それはときどき出るのがいい。
ツンデレ法則でいえば。

そしてリーダーの矢島舞美という子がいます。
生まじめで、優しくて、気配りができて、申し分ない良い子です。
だからこそ、芝居では脇で、ちょっと変わった、思い切った役をやった方がいいと思います。
その方が、彼女の魅力が出る気がします。
なぜなら彼女は普段、ものすごい天然だから。
ああ、あのチャーミングな彼女をもっと芝居で出したい、といつも思います。
そのためには、思い切って彼女を崩す必要がある。
今回、深夜に思いついてマネージャーさんに「訛ってもいいですか?」と電話をしました。

そして中島早貴。
芝居への意欲や努力、姿勢がすごくマジメです。そしてセンスも申し分ない。
もっともっと、いろんな人と接していろんな経験をしたら、
それだけもっともっと伸びる人だと思います。
中心や、責任ある役につけると、それに見合った反応がある人だと思います。
劇中、大事な箇所は彼女にお願いするようにしています。
信頼しています。

そして鈴木愛理。
今回の舞台の主役です。
天才型だと思っています。右脳型というか。
今は、芝居の技術でガチガチに堅めてしまわないで、
いかに彼女が伸び伸びやれるか、魂部分に対していかにしっかり向き合えるか。
それが重要だと思います。
まだまだ伸びしろがたくさん、たくさんある人だと思います。
堂々とアイドルの王道を突き進んで欲しい。

そんな℃-uteが「私はかわいい、絶対かわいい、やっぱりかわいい」と歌う。
自信をもって笑顔で歌ってほしい。
僕は、そんな彼女たちが見たい。
[PR]



by ohta-y | 2010-10-15 03:28 | 日記
太田善也のblog
by ohta-y
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

画像一覧